So-net無料ブログ作成
検索選択

≪新訳≫怒りの葡萄 [本]



怒りの葡萄〔新訳版〕(下) (ハヤカワepi文庫)
早川書房
ジョン スタインベック

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 怒りの葡萄〔新訳版〕(下) (ハヤカワepi文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


ジョン・スタインベックの『エデンの東』は、何年か前に新訳が出たことで再び話題になりましたが、同じくスタインベックのルート66を舞台にした『怒りの葡萄』も新訳が出ないものかと思っていました。旧訳で読んでももちろん素晴らしい名作なのですが、やはり時代にそぐわない日本語という感じが否めません。

そんな中、遂に待ちかねた新訳が出ました。と言っても、すでに昨年末に出版されていたのを今知った次第。ハヤカワのepi文庫なので文字も大きく読みやすいことと思います。そして何より、翻訳者が私の大好きな黒原敏行さん。黒原さんはこれまた私の好きなコーマック・マッカーシーなどを訳されている方で、実際にお会いしてマッカーシーについてお話したこともあります。訳を見ないうちから、素晴らしい出来に違いないと確信しています。これはもう絶対に買いです!

小さな男*静かな声 [本]

小さな男 * 静かな声
マガジンハウス
吉田 篤弘

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 小さな男 * 静かな声 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


§…読書中…§

内容(「BOOKデータベースより)
百貨店寝具売場に勤めながら百科事典の執筆に勤しむ“小さな男”。ラジオのパーソナリティで、日曜深夜一時からの生番組に抜擢されたばかりの三十四歳の静香。“小さな男”と“静かな声”、交互にあらわれる二人の語り手から、ささやかな日々のいとおしさが伝わる物語。

レインコートを着た犬 [本]

レインコートを着た犬
中央公論新社
吉田 篤弘

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by レインコートを着た犬 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


<月舟町シリーズ>は、『つむじ風食堂の夜』→『それからはスープのことばかり考えて暮らした』→『レインコートを着た犬』→番外編『つむじ風食堂と僕』という順番なのだが、『それからは・・・』を読み始めてすぐに図書館から『レインコート・・・』が来てしまったので、順不同になるけれども、これを先に読むことにします。

内容(「BOOKデータベースより)
小さな映画館“月舟シネマ”と、十字路に建つ“つむじ風食堂”を舞台に、「笑う犬」を目指すジャンゴと、彼を取り巻く人々による、雨と希望の物語。月舟町シリーズ三部作・完結編。

文藝春秋9月号<芥川賞発表> [本]


§…読書中…§

内容紹介
2015年第153回芥川賞発表 受賞作二作全文&選評 又吉直樹 羽田圭介
独占手記 妹・川上慶子と私の三十年/


【単行本】

火花
文藝春秋
又吉 直樹

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 火花 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

内容(「BOOKデータベースより)
お笑い芸人二人。奇想の天才である一方で人間味溢れる神谷、彼を師と慕う後輩徳永。笑いの真髄について議論しながら、それぞれの道を歩んでいる。神谷は徳永に「俺の伝記を書け」と命令した。彼らの人生はどう変転していくのか。人間存在の根本を見つめた真摯な筆致が感動を呼ぶ!「文學界」を史上初の大増刷に導いた話題作。


スクラップ・アンド・ビルド
文藝春秋
羽田 圭介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スクラップ・アンド・ビルド の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

内容紹介
第153回芥川賞受賞作。 「早う死にたか」 毎日のようにぼやく祖父の願いをかなえてあげようと、ともに暮らす孫の健斗は、ある計画を思いつく。 日々の筋トレ転職活動。 肉体も生活も再構築中の青年の心は、衰えゆく生の隣で次第に変化して……。 閉塞感の中に可笑しみ漂う、新しい家族小説の誕生!

文藝春秋 [本]

ファイル0163.jpg話題の芥川賞受賞作品が掲載された『文藝春秋9月号』。どこも品切れなので、予約しておいた増刷分がようやく届きました。

その増刷分もAmazonではすでに売り切れで、今現在は定価より高い中古で買うしかない。芥川賞受賞作品が載った号はだいたい買っているのだけれど、品切れというのは初めて。

さらに、受賞者2人の特集を組んだ『文學界』まで売り切れとか…。純文学系の雑誌が売り切れるなんて、前代未聞じゃないですか?何はともあれ、本が売れるのは良いことではあります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

その女アレックス [本]

その女アレックス (文春文庫)
文藝春秋
2014-09-02
ピエール ルメートル

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by その女アレックス (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

§…読書中…§

クラフト・エヴィング商會と吉田篤弘の楽しい世界に浸っていたところに、図書館でも大人気の本書を予約してからしばらく経っていたためにすっかり忘れていたのだが、図書館から準備ができたとの連絡があり、急遽ミステリーモモードに切り替え。人気ではあるが、レビューを読むと自分の好みではないかも・・・。とりあえず、さんざん待ったのだから読み始める。

内容紹介
「週刊文春2014年ミステリーベスト10」堂々1位! 「ミステリが読みたい! 」「IN POCKET文庫翻訳ミステリー」でも1位。 早くも3冠を達成した一気読み必至の大逆転サスペンス。貴方の予想はすべて裏切られる――。

おまえが死ぬのを見たい――男はそう言って女を監禁した。檻に幽閉され、衰弱した女は死を目前に脱出を図るが……。ここまでは序章にすぎない。孤独な女の壮絶な秘密が明かされるや、物語は大逆転を繰り返し、慟哭と驚愕へと突進する。

「この作品を読み終えた人々は、プロットについて語る際に他の作品以上に慎重になる。それはネタバレを恐れてというよりも、自分が何かこれまでとは違う読書体験をしたと感じ、その体験の機会を他の読者から奪ってはならないと思うからのようだ」(「訳者あとがき」より)。

気分的に主婦の休み [雑感]

mojimaru55a79a4cd72c8.gifお盆明けは主婦の休みです。何もしないわけじゃないけれども、気を遣う人もなく気分的にのんびりする。ホッと一息。

家事はお金になるわけじゃないから、世間の人は主婦なんか何もせずに暇してるんだろうと思っているんでしょうけど、残業手当てもなく、24時間勤務のブラックな職場だよね。

さて、お昼寝もしたので(お昼寝ができる自由はありがたい)、昨日からのしつこい頭痛も治りました。今日は雨だからはなからやる気もないんだけど、明日から気合い入れて引っ越し準備です。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

それからはスープのことばかり考えて暮らした [本]


§…読書中…§

内容(「BOOKデータベースより)
路面電車が走る町に越して来た青年が出会う人々。商店街のはずれのサンドイッチ店「トロワ」の店主と息子。アパートの屋根裏に住むマダム。隣町の映画館「月舟シネマ」のポップコーン売り。銀幕の女優に恋をした青年は時をこえてひとりの女性とめぐり会う―。いくつもの人生がとけあった「名前のないスープ」をめぐる、ささやかであたたかい物語。

つむじ風食堂の夜 [本]

つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)
筑摩書房
吉田 篤弘

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

§…読書中…§

内容(「BOOKデータベースより)
懐かしい町「月舟町」の十字路の角にある、ちょっと風変わりなつむじ風食堂。無口な店主、月舟アパートメントに住んでいる「雨降り先生」、古本屋の「デニーロの親方」、イルクーツクに行きたい果物屋主人、不思議な帽子屋・桜田さん、背の高い舞台女優・奈々津さん。食堂に集う人々が織りなす、懐かしくも清々しい物語。クラフト・エヴィング商會の物語作家による長編小説。


<吉田 篤弘>
1962年東京生まれ。1998年より、パートナーの吉田浩美とともに、「クラフト・エヴィング商會」名義による著作および装幀の仕事を続けてきた。2001年、講談社出版文化賞・ブックデザイン賞を受賞。また、同商會の活動とは別に小説作品を発表。(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

時間が過ぎるのが早い [雑感]

mojimarue2465c8cc1d87850147bc2eb4bb84b31.gif

今週もうお盆とか
早いですね

お盆過ぎると
もう秋ですからね

今年は暑いばかりで
苦しい夏って感じ

この4年間は悪臭に
悩まされて呼吸も
満足にできなかったから

引越したらせめて
空気はまともに
吸えるんだろうなと


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog