So-net無料ブログ作成
検索選択

鹿の王(上)生き残った者 [本]


内容(「BOOKデータベースより)
強大な帝国・東乎瑠にのまれていく故郷を守るため、絶望的な戦いを繰り広げた戦士団“独角”。その頭であったヴァンは奴隷に落とされ、岩塩鉱に囚われていた。ある夜、一群れの不思議な犬たちが岩塩鉱を襲い、謎の病が発生する。その隙に逃げ出したヴァンは幼子を拾い、ユナと名付け、育てるが―!?厳しい世界の中で未曾有の危機に立ち向かう、父と子の物語が、いまはじまる―。

(BOOK CAFE

夜中のブックカフェ [雑感]

151129_0249~01.jpg風呂に入ってから、念願だった夜中のブックカフェに来ました。誰もいなくて静かでいいなあ。壁の時計さえも動いていない。なんだか別の世界にいるみたいです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

GRANTA JAPAN with 早稲田文学02 [本]

GRANTA JAPAN with 早稲田文学 02
早川書房
カズオ・イシグロ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GRANTA JAPAN with 早稲田文学 02 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

§…読書中…§

内容紹介
英語圏最大の文芸誌グランタが選んだベストの中のベスト!歴代の「若手ベスト作家特集」に選ばれた158人から厳選。カズオ・イシグロによる最新長篇『忘れられた巨人』冒頭2章をいち早く掲載するほか、ジャネット・ウィンターソン、ジョナサン・サフラン・フォア、ダニエル・アラルコンなど、日本でも人気の作家による本邦初訳9作品が登場!さらに、窪美澄、藤野可織、島田雅彦、堀江敏幸、黒田夏子といった日本の実力派8人の新作書き下ろしも。


GRANTA JAPAN with 早稲田文学 01
早川書房
村田沙耶香

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by GRANTA JAPAN with 早稲田文学 01 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

gooもガラケー切り捨て [雑感]

携帯サイトやブログが次々に終了またはガラケーを切り捨てて行く中、gooのブログもガラケーではログイン、編集などができなくなるとのこと。

またか…とがっかり。

閲覧とメール投稿はできるそうだけど、編集ができないのでは、実際役に立たない。

gooはメールも無料から有料になって、使い勝手が良くなったならまだしも、むしろ悪くなったし、メールが届かないなどのトラブルも増えた。

仕事で使ってしまっているから、お金を払っても使っているけど、できればやめたい。

元がNTTだからね…。期待はしていないけど、gooが何かする度にストレス増えるばかりで良くなることはない。

だったら使わなければいいという話になるんだろうけど、長年使っている人には、事はそう簡単じゃない。

ガラケーが使えるブログへの引っ越しツールの案内もないし、引っ越しするなら自分で全てやれというあたり、殿様商売のNTTらしいところ。

メールの時もそうだった。有料になるにも関わらず、新システムへの移行は自分でやれという事で、これには腹が立ったやら、呆れたやら。

結局ガラケーでデータを移動するのは無理だから、PCがない人は引っ越しもできないということ。データ自体は残っているから、見る事はできるけれど。

調査では、ガラケーユーザーはまだ全体の半数はいるというのに、また、スマホからガラケーに戻る人も増えているのに、ガラケー向けのシステムを維持するのはそんなに大変なことなのだろうか?

ガラケーの切り捨ては、スマホの契約数がマイナスになって来ているので、スマホに変更させるためのNTTの策略ではないかと勘ぐりたくもなる。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

夜の飛行船 [トピックス]

今日もまた飛行船が飛んできました。10回目です。こんなに目撃すると、単に今まで気づかなかっただけかとも思いますが、今日は昼間からずっと夜になるまで飛んでおり、「夜の飛行船」を初めて見ました。夜間に飛ぶ(見る?)のはやはり珍しいらしく、Youtubeにも動画がありました。

★Youtube動画
https://www.youtube.com/watch?v=hGEnT5cBGk8

夜の飛行船はやっぱり不思議な雰囲気で、飛行機ともまるで飛び方が違うし、止まっているように見えるかと思うと急にスピードを上げたり、細長く見えるかと思えば、向きを変えて丸く見えたりで、飛行船と分かっていなければ、どう見ても謎の飛行物体です。ちょっとした騒ぎになってもおかしくありません。それにしても、こんなに曇っていなければ三日月と飛行船、それにしし座流星群が加わった素敵な情景が見れたかもしれませんね。

この飛行船「スヌーピーJ号」ですが、以前に日本に2機と書きましたが、現在は1機しかないらしいです。詳細を知ってしまうと不思議なイメージが壊れそうですが、詳細を知りたい方は下記サイトをご覧ください。

http://www.metlife.co.jp/brand/blimp/about_blimp.html

フライトスケジュールによると、12/6までは関東地方を飛んでいるみたいです。何度も見れてラッキー!ってわけじゃなかったんですね。(^_^;

John Irving新作『Avenue of Mysteries』届く [本]

今日、ジョン・アーヴィングの新作が届いた。11/3刊行予定が遅れて今日。好きな海外作家の新作は、だいたい予約して刊行日に入手しているのだけれど、最近遅れが多い。出版社の問題なのか?Amazonの問題なのか?

Avenue of Mysteries
Simon & Schuster
2015-11-03
John Irving

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Avenue of Mysteries の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

内容紹介

John Irving returns to the themes that established him as one of our most admired and beloved authors in this absorbing novel of fate and memory.

In Avenue of Mysteries, Juan Diego—a fourteen-year-old boy, who was born and grew up in Mexico—has a thirteen-year-old sister. Her name is Lupe, and she thinks she sees what's coming—specifically, her own future and her brother's. Lupe is a mind reader; she doesn't know what everyone is thinking, but she knows what most people are thinking. Regarding what has happened, as opposed to what will, Lupe is usually right about the past; without your telling her, she knows all the worst things that have happened to you.

Lupe doesn't know the future as accurately. But consider what a terrible burden it is, if you believe you know the future—especially your own future, or, even worse, the future of someone you love. What might a thirteen-year-old girl be driven to do, if she thought she could change the future?

As an older man, Juan Diego will take a trip to the Philippines, but what travels with him are his dreams and memories; he is most alive in his childhood and early adolescence in Mexico. As we grow older—most of all, in what we remember and what we dream—we live in the past. Sometimes, we live more vividly in the past than in the present.

Avenue of Mysteries is the story of what happens to Juan Diego in the Philippines, where what happened to him in the past—in Mexico—collides with his future.

崖の国物語(4)ゴウママネキの呪い [本]


§…読書中…§

内容(「BOOKデータベースより)
若き空賊クウィントは、父の盟友・最高位学者リニウスのもとで、徒弟生活を送るはめになる。だが、リニウスの娘マリスは鼻持ちならないし、派閥抗争に明け暮れる学者の世界にはむしずが走る。頼みのリニウスは夜な夜なクウィントをたたき起こし、怪しげな任務を命じる。巻物がたわわと吊るされた大図書館、錆びついた低空降下機、不気味な息づかいにうごめく地底トンネル―。リニウスがひた隠しにする「大いなる仕事」とは?「石の巣」に出没する深紅色の光の正体とは?ときは前三作の主人公トウィッグの父母の青春時代。神聖都市の歴史と浮遊石内部の謎が明らかにされる、崖の国物語、待望の第四部。

ジャズフェスご来場ありがとうございました! [音楽]

f:id:schazzie:20151116202813j:image

f:id:schazzie:20151116202823j:image

第15回新宿トラッドジャズフェスティバル
SOUTHBAND with Michael Go-To @ T&TⅡ

ジャズフェスにお越し下さった皆様、メンバーおよび関係者の皆様、全ての皆様に感謝。ありがとうございました!

撮影:吉荒 由香さん

そうだ新宿、行こう。 [音楽]

2015

いよいよこの土日は、恒例の新宿トラッドジャズフェスティバル。
昨日の防音ルームでのリハ、かなりいい感じに仕上がりました。


というわけで私、SCHAZZIEのスケジュールは以下の通りです。
ご機嫌なサザンロック&ブルースを是非とも聴きに来て下さい!
雨ニモマケズ、風ニモマケズ、お待ちしております。



【SOUTHBAND with Michael Go-To】


★日時:11/15(日)15:00~15:40
★場所:T&TⅡ8F(MAP 6)
※エレベーター使用の為、入れ替え時に混雑が予想されます。
 なるべくお早めにお越しください。
★料金:1日前売り券 ¥3,000/当日券 ¥3,500


★出演:
 SCHAZZIE/Vocal
 マイケル・ゴトー/Tenor Sax
 五十嵐正則/Guitar
 磯崎ジョー/Bass
 上山 実/Piano
 橋本達郎/Drums


★お問合せ&チケットご希望の方はSCHAZZIEまでご連絡下さい。


≪全体のスケジュールはこちら≫
http://www.jazz-nagaya.com/15aki/STJF2015-B.pdf




<第15回新宿トラッドジャズフェスティバル詳細>


まもなくです! 11/14(土)・15(日)は恒例の新宿トラッドジャズフェスティバルが開催されます。新宿三丁目の店舗と特設会場26か所を舞台に、日本全国のトラッドジャズ・ミュージシャンが集結し演奏を繰り広げる秋の祭典、ステージ数はなんと250以上! 今年で15回目を迎え、ますますの賑わいをみせる予感です。みなさま是非お越しくださいませ!


■2015年11月14日(土)・15日(日)
■11:00〜16:30(ブラスバンドパレードは両日とも11:00から)
■末広通り・要通り・新宿通り・御苑大通り・新宿二丁目

■チケット(各演奏会場フリーパス)
1日券 3,500円(前売り3,000円)
2日共通券 5,500円(前売り4,500円)


■お問い合わせ・チケットのご予約お申し込み
新宿トラッドジャズフェスティバル実行委員会
TEL/FAX 03-3341-5009
http://www.jazz-nagaya.com


主催:新宿末広通り商店会/要通り共栄会/御苑大通り会/新宿トラッドジャズフェスティバル実行委員会
協賛:トラディショナルジャズカレッジユニオン


崖の国物語(3)神聖都市の夜明け [本]


§…読書中…§

内容(「BOOKデータベースより)
飛空船エッジダンサー号で船出したトウィッグは、シュゴ鳥に導かれ、前人未到の虚空へと向かう。「大いなる嵐」の中心で、父・雲のオオカミから崖の国の命運にかかわる重大な任務を与えられたトウィッグだが、嵐の爆発で崖の地に墜落し、虚空での記憶を失ってしまう。行方不明の乗組員を捜しだし、記憶をとりもどさなければ!岩の塔だけが育つ岩の園、驚くべき事実を秘めた飛空船、異様でおぞましいオオモズ奴隷市場、そして深森のむこうに待ちうける未知の土地―崖の国の宿命に命がけで立ち向かうトウィッグが、旅の果てに下す、究極の決断とは…?奇想天外な異界・崖の国を舞台に繰り広げられるトウィッグの冒険、感動の完結篇。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。